親子継承をした人はどんな悩みを持っているのか知りたい

親子継承をした人はどんな悩みを持っているのか知りたい

親子継承は当事者だけでなく、従業員や地域との関わり方も重要になっています。
また、子供が継承に好意的なら良いですが全てがそうとは限りません。中には断られてしまい、路頭に迷う経営者も少なくありません。
今回は、親子継承を考えている経営者が陥る悩みや対策について解説していきます。
親子継承を検討している経営者の方は参考にしてみてください。

1 能力が伴っていない親族への事業継承
親子継承が失敗する理由の多くが「後継者の能力不足」です。
例えばリーダーシップが取れなかったり、経営スキルが著しく低かったりすると、継承後に会社が傾いてしまうことも考えられます。
まずは、子供の能力が経営者に相応しいのか確認をしてから継承を進めてください。
もしスキルが足りないのであれば、自分の仕事に同行させたり、様々な部署を経験させておきましょう。

2 子供が継承を承諾してくれない
経営者の多くが後継者不足に悩んでいます。理由は簡単で「子供が継いでくれない」という点です。
親子間のコミュニケーションが不足していると、直前になって継承を断られてしまうというケースも考えられます。
「継がない」と言われてしまうと、新たに後継者を探す必要があり、無駄な労力を使うことになります。そして会社の雲行きが怪しくなることは確実です。
日頃から子供とのコミュニケーションの時間を大切にし、継ぐ意思があるのか早めに判断をしてください。
もし子供が継がないのであれば、親族外継承(M&A)も視野に入れて動いていきましょう。

3 遺産トラブルに巻き込まれる
「子供に継承するから遺産トラブルは起こらないだろう」と思っている経営者が多いですが、それは大きな間違いです。
なぜ間違いなのか?それは、継承前に経営者が亡くなってしまうと、資産が子供ではなく法定相続人に継承されてしまうからです。
すると会社の経営に必要な資金が、会社以外の相続人に渡ってしまい、会社が上手く回らなくなります。
対策としては自身が元気なうちに継承を済ませておくことです。「まだ元気だから大丈夫」と思わず早めに後継者への継承を行ってください。

事業承継に関するお問い合わせはこちら