M&Aの譲渡または譲受を検討される方に人気のサービスが「M&Aマッチングサイト」です。M&AマッチングサイトではWeb上でM&Aの案件を閲覧することが可能で、人気の高いサービスです。しかし、最近ではM&Aマッチングサイトが増えたこともあり、どのマッチングサイトを利用すれば良いか分からない方へ向けて、複数のマッチングサイトを比較しました。

M&Aマッチングサイトの台頭

・中小企業、個人までもがM&Aをできる時代

M&A(企業の買収・合併)・事業承継は、2005年のライブドアによる一連の買収騒動や、村上ファンドの登場などで一気にM&Aが認知されるようになりました。そして現在のM&A業界が多様な広がりを見せています。

かつて、大企業の話と認識されていたM&Aも今では、「変化の激しい社会に対応する手段として・後継者問題解決の手段として・第二のビジネスプランとして」というように、中小企業や、更には会社で働くサラリーマンなどのイチ個人にまで多くの層のニーズを満たす一般的な手法として浸透しています。それに伴い、M&Aを支援する体制が徐々に構築され、M&A・事業承継の件数は年々増加傾向にあります。中でも近年注目されているのが「M&Aマッチングサイト」です。

・マッチングサイトの台頭

社会の流れとして、楽天やAmazonといったEC(電子商取引)サイトでモノを売買することが当たり前になり、その流れはM&A業界のにも入ってきました。M&Aマッチングサイトの目的は、サイト内でM&Aを成約・締結することではなく、求めている案件(買いor売り)を探すことです。気になる案件が見つかれば、運営している仲介会社に更なる情報開示や支援を依頼するのが主流です。

数あるM&Aマッチングサイトは、特定の分野・業界に特化していたり、小規模案件に特化していたりと、扱うM&Aの案件やサポート内容などの特徴が違います。最近は、マイクロ(小規模)M&Aが活発化し、個人事業主など比較的少額で売買できるビジネスを扱うマッチングサイトが増えてきました。サラリーマンやフリーターなど、経営者ではない人たちがM&Aマッチングサイトを利用するようになったことはメディアでも取り上げられ注目されています。

M&Aマッチングサイトが増加しているのには理由があります。通常M&A仲介会社等にサポートを依頼すると時間とお金(仲介手数料、アドバイザー手数料等)が多くかかります。しかしM&Aマッチングサイトでは、そのような手数料がかかりません。そのうえ、初めての人でもM&Aを実施できるようなサポートや無料相談、セミナー等が設けられており、誰でも参入できる体制が整えられています。そのため、M&Aマッチングサイトは近年増加傾向にあり多くのニーズに応えるべくM&Aマッチングサイトも多様化しています。

 

サイト比較

主要なM&Aマッチングサイトを徹底比較していきたいと思います。M&A・事業継承に興味ある方は、是非当記事を参考にしていただければ幸いです。

Batonz(バトンズ)

バトンズは、国内トップレベルの実績と業界最安値を実現しているM&Aマッチングサイトです。株式会社バトンズは、東証一部上場で中小企業M&A仲介会社最大手の日本M&Aセンターが親会社となっています。掲載されている案件は、全てバトンズの専門家による審査で案件掲載の可否が決まるので、成約を目的とした案件ばかりとなっています。検索条件も「業種」「地域」「都道府県」「譲渡希望金額」など探しやすく、多数のメディアにも紹介されており現在注目されているサービスです。

――特徴――
・充実したサポート体制と豊富なネットワーク
税理士法人や人材会社などの1,800以上の専門家との提携による充実したサポート体制と全国ネットワークが特徴となっています。

・業界最安値の手数料
売り手は無料、買い手は成約時に2%(最低報酬なし)という形をとっています。また、登録料、マッチング料も無料で業界最安値となっています。

・圧倒的なスピード
従来M&Aの平均11ヵ月のところ、平均5カ月での成約を実現しています。3ヵ月以内で成約する案件も多数。(最短事例一週間)

公式HP:https://batonz.jp/

フリーターが一週間で、会社経営者に?! 会社を買うという選択肢

 

TRANBI(トランビ)

TRANBIはオンライン型のM&Aプラットフォームでバトンズ同様に国内最大の実績のあるM&Aマッチングサイトです。飲食や小売をはじめ、医療、介護、サイト売買と幅広い案件を取り扱っており、累計マッチング数も着実に伸ばしています。

――特徴――

・圧倒的な利用者数と案件数
TRANBI【トランビ】は、利用者数70,000名を超える事業承継マッチングサイトとなっています。「事業を売る」では平均11社の買い手が10日以内に見つかり、「事業を買う」では常時国内外2,000件以上の案件から探すことができます。
また「M&A専門家を探す」では、経験豊富なM&A専門家を無料で紹介することができます。手数料は無料、買手は成約価格の3%のみと明確な料金形式も魅力です。

公式HP:https://www.tranbi.com/

 

M&A Cloud

M&Aクラウドは、中小企業・ベンチャーを中心にM&A・資金調達マッチングプラットフォームを運営するスタートアップ企業です。及川 厚博氏(現CEO)を中心に、実際に会社の売却した経験を持つメンバーで2015年に設立されました。CEOである及川氏は、大学在学中に創業した会社を別事業に集中するため事業譲渡しました。その際に経験した苦労や課題をテクノロジーの力で解決したいという想いから株式会社M&Aクラウドが設立されました。

――特徴――

・業界初の募集型M&Aプラットフォーム
通常のM&Aマッチングサイトでは、主に売り手側が情報を公開し、そこから買い手企業が交渉を打診するのが一般的です。それに対して、M&Aクラウドのマッチングサイトでは、買い手がM&A・出資ニーズ、投資実績、弊社独占インタビューなどを公開しています。また、世界初の買い手の顔が見えるM&Aマッチングプラットフォームとなっています。

・スピード面談
M&Aクラウド利用者は、実際にマッチングしてから平均一週間で面談をすることができます。また、M&A・出資ニーズを掲載している買い手企業に、売り手企業が自ら売却や資金調達に関するアプローチができる業界初のビジネスモデルを採用しており、人手を介さないことで効率的なマッチングをすることが出来ます。

・料金
譲渡企業は完全無料で利用することができます。通常の仲介サービスとは異なり、着手金や中間金、成約手数料なしの完全無料で利用できるのが特徴です。そのため、M&Aクラウドで会社を売却すれば、ほぼ実費のみのコストでM&Aを実施することが可能です。さらに無料アドバイザーに相談することも可能になっています。

公式HP:https://macloud.jp/

業界初の募集型M&Aプラットフォーム”M&Aクラウド”とは?特徴からサービス内容まで徹底解説!

 

MAポート

MAポートは、株式会社ブレイクスルーが運営するM&Aマッチングサイトです。株式会社ブレイクスルーはM&Aのマッチングサイトの他、医療人材、IT人材、家庭教師の派遣など人材事業を行っており、マッチング事業やプラットフォームサービスに強みを持っています。

MAポートでは売却を希望する9割の企業が年商1000万円~10億円の中小企業となっています。マッチングサイトには、飲食・小売・IT・不動産・人材・医療・教育・製造など、様々な業種の企業が登録されています。また株式譲渡、事業譲渡、居抜き譲渡、Web譲渡など、様々な譲渡形式での対応を可能としています。料金は完全報酬型で最低報酬は150万円となっています。

――特徴――

・高い営業能力と実績
MAポートを運営するブレイクスルーの特徴として、社員の多くがリクルート出身のメンバーです。また、リクルート内でMVPを受賞したことがある「トップ営業マン」が集結しており、営業力が強みとなっています。社長である土屋氏には、「トップ営業が集結した組織」との自負があります。その実績も、1人あたりのM&Aの年間決定数が10~15件と、業界トップクラスの実績を誇ります。案件収集や交渉の際に、営業力の高さは心強い味方になってくれます。

加えて、公認会計士・弁護士・税理士・FA(ファイナンシャルアドバイザー)などの各専門家がチームを組み、充実したサポート体制を構築しています。
専門家チームは、規模や業種を問わずあらゆる案件の相談が可能で、飲食、小売、IT、不動産、サービス、人材、医療、教育、製造など幅広く対応できます。専門家チームに無料で相談でき、サポートを受けられる体制は、MAポートの強みとなっています。

・売り手の希望価格を重視したサポート
MAポートでは、売り主の希望価格を重視してマッチングが行われます。中小企業のM&Aの場合、立場によっては買い手側に買い叩かれてしまうケースがあり、売り手側の希望価格よりも低い価格でM&Aが決まってしまうことがあります。MAポートでは、売り主の希望価格を重視すると謳っているため、売り手は納得のいく価格で売却を進めることができると思います。

HP:https://www.maport.jp/

年商0円から10億円までの中小企業をサポートするM&Aマッチングサイト「MAポート」を徹底解説!

 

事業承継総合センター

リクルートグループが運営するM&A及び事業承継による会社の譲受をお考えの方へ向けたサービスです。相談内容に応じて、提携している約60社の仲介会社から最適な1社へ紹介するシステムで、広範囲から譲受先を探します。着手金なしでサービスを利用することができるので安心して利用可能です。

――特徴――

・複数社連携により豊富な買い手情報
買い手企業情報を保有する約60社のM&A仲介会社と連携しているため、買手情報は10,000件以上。仲介会社や買い手企業の比較検討ができます。

・着手金なし
また着手金なしの成果報酬制、状況開示要求が可能、クライアントへの重要事項説明の実施など、信頼して事業承継が行えるようにしっかりとした仕組みを備えています。事業承継総合センターでは最適な専門家をスムーズに見つけられるため、「信頼できる仲介会社を探したい」と感じている経営者にとっては、心強いサービスといえるでしょう。

公式HP:https://rbsp.jp/

 

スピードM&A

スピードM&Aは、M&A・事業承継のスピード成約を重視したマッチングサイトです。ユーザー同士のコミュニケーションツールが充実しており、専門家を介することなく交渉を進めることができるようになっています。掲載案件は1円~50億円まで幅広い価格に対応しています。インターネットを介して全国のあらゆる業種・規模の案件が掲載されているので、未来のビジネスパートナーと出会うチャンスが沢山あります。

――特徴――

・スピード重視の独自サポート機能

サービス名の通り、M&Aの成約は平均三か月と業界トップレベルのスピードを誇っています。スピードM&Aでは、秘密保持契約の締結機能やファイルの添付機能をはじめ、交渉で利用するチャットの機能が充実しています。売り手と買い手の直接交渉を手厚くサポートしてくれるのがスピードM&Aの特徴です。

公式HP:https://speed-ma.com/

 

FUNDBOOK

FUNDBOOKは、M&AアドバイザリーとM&Aプラットフォームを組み合わせたハイブリッド型の事業承継マッチングサイトです。ユーザー同士の直接交渉だけではなく、経験豊富な専門家によるサポートを受けられるので、高い成約率を誇っています。

――特徴――

・ハイブリット型のサービス
上述の通り、M&AアドバイザーとM&Aプラットフォームを組み合わせたハイブリッド型のサービスとなっています。独自のプラットフォームによって最適なマッチング相手を探せるのに加えて、所属するアドバイザーがM&Aの複雑なプロセスをサポートしてくれるのが特徴です。さらに全国・全業種・あらゆる事業規模に対応しているので、もちろん地方企業も問題なく利用できます。

公式HP:https://fundbook.co.jp/

 

MAfolova(マフォロバ)

MAfolovaは東証一部上場の「エン・ジャパン株式会社」が運営する、2018年に開始されたサービスです。買い手側が匿名で買収ニーズ(希望条件など)を登録すると、日本全国のアドバイザーから非公開案件が届く仕組みが採用されています。

――特徴――

・完全非公開型の事業承継マッチングサイト

MAfolovaは、業界内で唯一、全案件が外部に一切公開されないサービスとなっています。外部に案件公開されることはなく、登録者だけにオファーが届く仕組みになっています。そのため、秘密裏に事業承継を進めたい時や他サイトに掲載されていない案件を探したい時に、有効活用することができます。

・M&Aアドバイザーからの直接オファー
Mafolovaは、譲渡企業と譲受先の相性を重視したいと考える企業やM&Aアドバイザーに選ばれています。アドバイザー側が買い手企業の買収ニーズを閲覧し、個別に案件を打診する仕様のため、自社で探す方法では見つけられない案件のオファーが届く可能性があるのです。

公式HP:https://www.mafolova.biz/

 

まとめ

今後ますます、M&Aマッチングサイトの利便性は上がり、M&A・事業承継の活動を後押ししてくれるでしょう。皆様がマッチングサイトを利用する際によりそのサービスを活用できるように、是非本記事を参考にして頂けると幸いです。