「のれん」は会計用語らしくない響きがありますが、古くから商家の信用・格式を表す言葉として使われて来た言葉です。それが会計で使われるようになったのは自然なこととも言えますが、なじみ深い風物を表す言葉だけにかえって会計用語としての正確な理解が妨げられるきらいがなきにしもあらずです。

「のれん」はM&Aで発生し、取得した企業の無形固定資産となります。これが減価償却の対象となるかいなかは準拠する会計基準により、日本会計基準では毎年均等に償却していくことになっています。

この記事では、「のれん」の由来と意味、会計処理(とくに減価償却の仕組み)についてわかりやすく解説していきます。

「のれん」の由来・定義・意味合い

会計勘定科目には「償却」のような硬い漢語や「売掛・買掛」などの耳慣れない和語が多々あります。そんな中、「のれん」は日常的な言葉をそのまま借用している点でユニークな存在です。ただし柔らかな響きとは裏腹にかっちりとした金銭的な定義があります。

「のれん」の由来

暖簾(「の(ん)れん」)とは元来「暖かさを保つための垂れ布」を指し、幅広く用いられていました。やがて紋や屋号を入れた暖簾が商家の開店・閉店の目印として使われるようになり、商家の「顔」としてブランド・信用を象徴する存在となっていきました。

「老舗の暖簾」「暖簾を守る」「暖簾に傷がつく」「暖簾分け」といった表現にはそうした意味合いがよく表れています。

会計用語としての「のれん」(ひらがな表記が正式)はそっけない計算式で定義されますが、実際に意味するところは商家の暖簾と共通しています。

「のれん」の定義

「のれん」は次のように計算されます。

のれん=M&A買収価格-買収される企業の時価評価純資産

(純資産=資産総額-負債総額)

現金以外の資産は買収時の時価で評価されます(「同等の資産を今すぐ市場から調達するとしたらいくらかかるか」ということです)。

「のれん」の意味合い

なぜ企業を買収するかと言えば、それによって自社の事業をさらに成長させるためです。したがって通常は収益力のある企業が買収対象となり、現時点での資産に潜在的な(期待される)収益力を加味して買収額が決まります。この加味された部分が「のれん」です。

つまり、「のれん」は資産としては計上されていない無形の資産(取引関係、信用、ノウハウ、ブランドイメージ、人材力など)、いわゆる「超過収益力」を表します。暗黙に存在していた「超過収益力」がM&Aの局面で数字化されたのが「のれん」です。

なお、例外的ながら買収価格が純資産を下回ることがあり、その場合「負ののれん」が発生します。

「のれん」の会計処理

「のれん」として数字化された無形の価値は、このさき無形固定資産として会計の対象になりますが、処理方法は会計基準によって異なります。ここでは日本で公認されている会計基準のうち日本会計基準とIFRS(国際財務報告基準)を比較します。

日本会計基準では一定の償却期間で規則的に償却

日本会計基準では「のれん」の処理を次のように定めています。

のれんは、資産に計上し、20 年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法その他の 合理的な方法により規則的に償却する。ただし、のれんの金額に重要性が乏しい場合には、 当該のれんが生じた事業年度の費用として処理することができる。
のれんは無形固定資産の区分に表示し、のれんの当期償却額は販売費及び一般管理費の 区分に表示する。
参考:改正企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準」

取得側の企業は「のれん」について総合的に判断し、その価値が持続すると考えられる期間(20年以内)を設定します。そして通例は「定額法」が取られ、毎年同額を償却します。「のれん」が1億円、償却期間が10年だとすると、毎年1千万円ずつ償却することになります。

基本的なポイントは次の2つです。

  • 「のれん」は取得時からだんだん価値が下がっていく
  • 毎年規則的に(通例定額で)償却する

IFRSでは場合に応じて減損処理を行う

一方、IFRSでは「のれん」は償却されることなく維持され、価値が欠損したと判断された場合に欠損分を減損として処理します。

償却か非償却か

「のれん」を償却すべき資産と見るかどうかについては大きな議論があり、さまざまな争点が存在しています。

例えば、そもそも「のれん」の価値は時間とともに低下するものなのかどうか。日本会計基準は明確に「時間とともに低下する」という立場を取り、IFRSは「何らかの原因で低下する場合もあるからそのときに評価を見直す」という立場です。

また、償却するとしても償却期間や償却方法を合理的に決められるのかどうかという問題があります。日本会計基準はこの点についてもばっさりと規定しています。

さらに、こうした会計上のポイントが経営判断や投資行動にどう影響するかというのも大いに議論されているところです。

まとめ

「のれん」は会計計算の対象であり、企業の無形価値を表す指標ないし象徴であり、経営判断や投資行動にも影響を及ぼします。大きな含みを持つ存在だけに、どのように扱うべきかについて決着のついていない問題もあります。

実務上は、準拠する会計基準に応じて正しく会計処理を行うべきことは言うまでもありませんが、M&Aスキームを策定する段階で償却処理の問題や減損のリスクなどを考慮しておくことが重要です。本記事を出発点にして、ぜひ「のれん」について理解を深めていっていただきたいと思います。